スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Europeその1 (Stockholm Hovet)

2012.12.19.Wed.22:20
忙しくなることがわかっていたのに、やっておかなかった自分が悪い。
そんな余裕がなくなることがわかっていたのに、やらなかった自分が悪い。
今更慌ててイライラしても自業自得。
まぁ、でも楽しかったんだからいいのだ

というわけで、ライブの感想個人的メモ~(^^)

Torsdag 13 Dec Stockholm Hovet

Europe


ちょっと場所取りを失敗した感ありで、
見えないんで前の人からちょっと離れると、その間に酔っ払いが入ってきたり、
さっさと場所を変わればよかったんだけど、場所探すよりライブ見ていたかったし、
少しずつ移動しただけだったから、厄介なおばちゃんに最後まで邪魔されたりで、
まぁ、自分がちょっと体調よくなかったってのもあるんだけど、な~んかライブに集中出来なかった感ありで、
記念日のライブの割にはイマイチな印象になってしまった。


最初3曲は新譜の通りの出だし。
Joeyの声はちょっと高音がキツそうだけど、調子はこんなモン?
4曲目はなぜかいつものSuperstitious
でもこれでいつも客がどっと盛り上がるんだから、スウェ人は好きなんだろね。

Joeyが「質問ある?」と客にマイクロ向けるいつものパターン。
これで客の反応を見てる?

Screamの前に
Joeyが「次の曲は2ndの曲で・・・そうだよね?」とMicに確認をしにいく。
Micは合ってるよ~のジェスチャーと優しい笑顔(^^)
ってか、Setlist見りゃいいぢゃんて。

No stoneの最後の方でJoeyとJontaが前後に一緒にリズムを刻むとこ。
ここ好きなところなんだけど、
JoeyがJontaの横に来て
Joeyが体を前、後ろに・・・Jontaついてこない・・・Joey一瞬止まる
Joeyもう一回、今度は後ろに・・・Jontaついてこない・・・Joey一瞬止まる
諦めて1人でやる・・・Jontaついてきた!!!みたいな感じで、
タイミングずれてたのが結構笑えた(^^)

ギターソロ~Lebanon
このパターンはもう変えた方がいいんぢゃ???

「新譜の中でも好きな曲で・・・」と言って始まったのがDemon
だからこんなTシャツとか作ってたんだな。

Europe

次のシングルにでもする気かな?
(せっかくだし・・・って、ライブ前後にTシャツ買うかどうか散々悩んだけど、
どうしても買う気にならないデザインのTシャツなんで、やっぱ買うのやめた)
タンバリンをマイクに近づけたり離したり。
手だけ動かせばいいのに自分もマイクに近づいたり離れたり、音量調節してるJoeyが笑えるわ。

Micのキーボードソロに続いてアコギ。
アコギの準備のためのキーボードソロっぽいんだけど。
ん~~~・・・なんかイマイチな気がするんだけど・・・

でもキーボードソロから流れるようにJontaのWorld Keep On Turningへ。
今回写真を撮ったのはこれだけ~
最高~~~~~~!!!
Jontaの歌&ギターってEuropeのライブでは初めてじゃない??

Europe

Open your heartは4ndヴァージョン。

Carrieで
多分スタンド席の酔っ払いが気分よくなってアリーナに流れてきたんだと思うけど、
急に人が増えてしかも私の真ん前に立って、酔っ払い同士で肩組んで盛り上がっちゃって、飛び跳ねるてぶつかってくるし、ちょっと困った。
で、私の前に立っていた例の厄介なおばちゃん(もしかして私より若い?)が「The king will return! The king will return!」と、最初から曲の合間に叫んでて。
「ちょっと30年の記念日なんだから~ ねぇみんな一緒に叫んでよ~お願いよ~」みたいなことをずっと言ってた。あ~昔からのファンなのね、って最初は思ってたんだけど、段々イライラしてきて、ちょっと場所をずれたんだけど、何故かいつも私の前にやってきて。
で、その人、Carrieの時は、男と腕組んでダンス(社交ダンスみたいなの?)始めちゃうし。
もう勘弁してくれって感じだった。

Beastの出だし。どうもまだしっくりこない。
アルバム通りにすればいいのになぁ。

Doghouse
これ、ライブに合うね~

「みんな知ってる通り、30年前の今日Rock-SMに出て、すべてここから始まったんだ・・・今夜は何かやらないといけないな・・・もう全然演奏していない曲だけど・・・」みたいなことを言ってJonpaの方に行って「何年もやってないねぇ」みたいな・・・ことを言って。
で、喋るのをやめてモニターをじ~っと見て、
その後座り込んでまたまたモニターをじ~っと見て・・・
この間、客からしたら「ちょっとどうしちゃったの?」って感じ。
ここで歌詞チェックに時間かけ過ぎですけど?
クルーに何か合図して・・・ In The Futureが始まった。
やっぱ歌詞の順番間違えたり。
で、途中でクルーが紙を持ってきてモニターに貼り付けてた(^^)

で、またここで例のおばちゃんが、あんなに1stの曲を聴きたいみたいなことを叫んでいたのに、In The Futureが始まったらまた男と社交ダンス始めてグルグル回転してるし。あのぉ・・・って感じ。

アンコールのLlae~TFC。
TFCだというのに、またおばちゃんが社交ダンスを始めた。しかも最後は大きく回転してるもんで、思いっきり私にぶつかってきて突き飛ばされた(涙) もう、「狙いをつけた」としか思えないぶつかり方。というわけで、曲の途中に完全におばちゃんの視界から離れるために場所を移動していたので、最後の曲だというのにしっかり見られなかった・・・

アンコールのTFCが終わった後
客が帰る時にかかる曲がBring it all homeだし、
新譜ひっさげライブとしては、良い流れなんじゃないかな。
これからこの曲が帰宅ソングになるんだろか。
新譜Bag of bones(BOB)メインのセットリストで、
Start from the darkの曲が入ってない。
ま、新譜ツアーだから、昔の曲が減るのは仕方がない。
でも、新譜の曲はライブ向きで、どの曲もCDで聞いてるよりライブの方が断然かっこいい!

1.RICHES TO RAGS
2.NOT SUPPOSED TO SIGN THE BLUES (1&2)
3.FIREBOX
4.SUPERSTITIOUS
5.SCREAM OF ANGER
6.NO STONE UNTURNED
7.NEW LOVE IN TOWN
8.GUITAR SOLO ~ GIRL FROM LEBANON
9.DEMON HEAD
10.WORLD KEEP ON TURNING
11.DRINK AND a SMILE
12.OPEN YOUR HEART (9,10,11&12)
13.LOVE IS NOT THE ENEMY
14.SIGN OF THE TIMES
15.CARRIE
16.THE BEAST
17.DOGHOUS
18.IN THE FUTURE TO COME
19.ROCK THE NIGHT (18&19)
20.LAST LOOK AT EDEN
21.THE FINAL COUNTDOWN(20&21)
スポンサーサイト
コメント

管理者のみに表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。