スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スウェーデン語で英語

2012.09.24.Mon.17:57
9月から毎週月曜日の8:45~9:30は英語クラスを受講中。

スウェーデン語もそうなんだけど、更にひどい英語もなんとかせんといかん・・・わけです。

スウェーデンでは様々な成人教育も充実していて、
義務教育補充コース、高校復習コースなどなど無料で受講できる。
SFI(Swedish for Immigrants 移民のためのスウェーデン語)もその一つ。

そのSFIは2月後半から通い、5月のテストに合格し無事終了。
そしてSFIの先生が「英語も勉強できるはずだから聞いてみな~」と言っていたので
SFIの次に進むSAS(Swedish as a Second Language)の事を担当者に聞きに言った時に
一緒に聞いてみた。

最初はSASは木曜日の夕方、英語は月・金曜の8:00~10:00
両方受講可能ということで話を聞いていたけど、
SASの最初の授業で、いきなり
「授業時間が足りないので金曜の8:00~10:00もクラスがあります」と言われた。

・・・あら困った。

「週一(月曜)だけでも英語が受けたい」と担当者&先生に言ったら、
担当者「全然OKよ~」
先生「大歓迎よぉ~~~!!」との返事。

で、英語の先生と会って聞いたら
「授業時間は8:30~9:30よ。あなたは8:00から来て隣の部屋で自習してていいのよ~!」(驚!)

そして最初の授業の日に行ったら「授業時間は8:45~9:30よ!」と言われた。(おいおい)

というわけで、英語の授業は月曜日の8:45~9:30まで高校の教室で受けているわけです。(^^)
高校の先生が教えてくれて、
生徒はスウェーデン人2人(おじさんと若めなおねぇさん)と、中国人の計4人。
中国人の彼女はスウェーデン語クラスSASも一緒で、
エコノミーのクラスを受講するために必要な英語&数学の単位を取るために来ているらしい。
授業といっても、自分で家で勉強してきて、分からない所をこの時間に聞いてね、という感じ。自主学習が主。
あとは、ちょっとゲーム感覚で喋ったり、というその程度。
45分だし。

でも、これが意外な発見というか。
スウェーデン語で英語の勉強をしているわけで、
英語の単語が出てこないと、スウェーデン語で質問しているし、
スウェーデン語で考えてから英語を言っている自分に気がつく。

なんでこんなに英語ができないんだぁぁ~~~!!
なんでこんな単語も忘れてしまったんだぁぁ~~~~!!!とイライラもするけど、
「私ったら意外にスウェーデン語が分かってたんだ♪」という気分になったりする(単純)

本も付属のCDも先生もブリティッシュ英語を話すので、
慣れるまでちょっと時間がかかりそうだけど(←言い訳~)
Steve Harrisのインタビューも字幕なしで聞き取れる日がくるか~~??
スポンサーサイト
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。