スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Hero

2013.08.19.Mon.22:01
Grattis på 50 årsdagen Joey!

スポンサーサイト

Sommar i P1 - Joey Tempest

2013.08.17.Sat.15:51
1959年から放送されているスウェーデンの夏の定番ラジオ番組(・・・とでも言うんだろうか)
「Sommar i P1」(P1の夏)。
P1はスウェーデン国営ラジオ局。
毎年6月中旬から8月中旬まで、有名ゲストをDJに1時間半のトークショーを放送。

55回目の今年は、なんと!本日Joey Tempest登場!

sommarjoey1.jpg

内容はEuropeが活動休止になってからソロを出した辺りの話&
その頃影響を受けた曲が主。
「Europeの話はたくさんあるけど、他の機会にでもね」と言ってた。
かけた自分の曲はWe Come Aliveのみ。
懐かし~

奥様の話、
息子JamieへRemember Me/Steve Earle。
「大きくなったら、この歌の歌詞をよく聞いて。
そしたら、僕が君と一緒にいる時にいつもどのように感じているか分かるから」って。

Europeのメンバーに
「John、John、Mic、Ian、君たちがいてくれてありがとう~」って。
ライブ前に楽屋でかかってる曲Pressure And Timeをかけたり、

ダンス好きな両親の話、
突然家にやってきたというNadir "Red One" Khayatの話・・・

と、聞いてて私も色々思い出して、涙が出てきたョ。
いや~、だって、あなたの歴史は私の歴史みたいなもんですから(笑)← 勝手に~

Europeが活動休止になったから、スウェーデンに行きたい気持ちが強くなって、
ソロになった時に、初スウェーデン旅行でJoeyに逢い、
そして、Europeが活動再開して、スウェーデンまで毎年見に来て、
今はその国に住んでる・・・人生分からん。 

ラジオ番組が終わって、今ソロのCDを聞きながらこれを書いてるけど、
私は基本、Joeyの声が好きなんだな、と思った。←イマサラ言うな???

番組の最初の方で、
約40年前に生まれて・・・あぁ、50だ フフwww みたいな
笑わせることも忘れずにね!
(台本読んで自分で鼻で笑うってwww

Anders Zorn

2013.08.10.Sat.23:53
Mora出身の画家、Anders Zorn
Mora滞在中に、コース参加者と一緒に見学。

Mora Folkhögskolaの隣にZorngården
anderszorn1.jpg

古い家の中に昔の道具などが残されている。
5日(月)の夜はここで、”Mora-Afton på Zorns Gammelgård”という催しがあり、
音楽・ダンスあり、手工芸品や手作り薄パンを売っていた。
zorngammelgard.jpg


街の教会の横にZornmuseet
anderszorn2.jpg

時間が足りなくてZornの絵(ガイド付き)しか見られなかったんだけど、
今、Björn Bergの展示がされている。
本音としてはこっちの方がじっくり見たかった。

Sommarkurs i Mora - Kurbitsmåleri

2013.08.09.Fri.22:38
今週は、MoraのFolkhögskola(成人学校)で、5泊6日の短期サマーコースに参加してきた。
コースはKurbitsmåleri(クールビッツ)!!

kurbitskurs_morafolkhogskola.jpg

6日間といっても、初日の日曜日は夕方集合で鍵をもらうだけ、
実際講習を受けているのは月の朝~金曜の午後のFika前まで。
郵送されたインフォメーションの紙に書いてあったのが、
朝食、Fika、ランチ、Fika、夕食の時間、夕食後はサンドイッチがあります・・・って食べることしか書いてない。
肝心な毎日の講習の始まり、終わり時間は書いてない(^^)

コースの先生はMoraにアトリエを持つBritt-Marie Nilssonさん。
↓ポストカード
kurbitskurs1.jpg

月曜日は9時に顔合わせをしてから始まったんだけど、
火曜日からはもっと早くから始めようということで、8時半始まり、終わりは15時半。
1時間半描いたと思ったらすぐコーヒータイム、30分休憩して、また1時間半描いたらすぐランチ・・・
スウェーデン人も「私達食べてばっかりね」って言ってた。
そんなわけで、ゆる~く、のんびり~、たのしく~描くという感じ。

参加者は13人、そのうち寮に泊まっていたのは私を含め10人。
そして、なんともう1人日本人参加者がいた!ストックホルム在住のHさん。
最初はスウェーデン語ばかりでどうなることかと思ったけど、
お陰で日本語でもおしゃべりが出来たし、ストレス溜めずに過ごせた。本当に感謝!!

肝心の絵の方は・・・
先生の絵は、黒枠をきっちり描くようなデザインが多いので、
初日、先生のお手本↓を見ながら描いた時は、どうしても習字のとめ、はねになって、描く度に笑いがwww
kurbitskurs2.jpg

先生の絵↓を参考に、
アクリル、油絵の具を使って、みんな好き勝手気に描いてた。自由~
kurbitskurs3.jpg

で、4日半の成果がこちら↓
きれいな紙に描いたのだけ持って帰ってきた。
・・・まだまだですなぁ~
kurbitskurs4.jpg

黒いボードのは、私が描きたいKurbitsとは全然違う世界になってしまったけど・・・
参加者の1人が「Carl Larssonみたいで素敵ね」と褒めてくれたのが有り難い。
お世辞の言葉がなかったら途中で投げ出してた~

というわけで、家に帰ってきて思った。
我が家には頂いたり、購入したりの様々なKurbitsグッズ↓があるのに
今回描いた絵は、かけ離れたものになったなぁと・・・
kurbits1.jpg
kurbits2.jpg

Efter regn kommer solsken

2013.08.03.Sat.21:45
efterregn.jpg

After rain comes sunshine.

こんな気分の時は雨が止むのを待つのみ。
ま、Leksandは晴天続きなんだけど・・・
 | HOME | Next »
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。